葡萄畑のピーコちゃん | ぶどう栽培 長野県 季来里ふぁーむ・すずき twitter Google+ blog Youtube Facebook
季来里ふぁーむ・すずき きらりふぁーむ サイトマップ | English | Chinese
 
TEL 090-2204-9858
HOME季来里infoぶどう栽培品種のご案内ぶどう栽培の流れぶどう産地直送のご案内ぶどう狩り 巨峰狩りのご案内ぶどう直売所のご案内ぶどう加工品のご案内交通アクセスお問い合わせ
 
ホーム > 栽培の流れ > 葡萄畑のピーコちゃん    
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
巨峰ジャム・ルーベルマスカットジャム 販売 通販
 
「番外編」葡萄畑のピーコちゃん
 
 
毎年5月頃、キセキレイの産卵から巣立ちまで、新しい命の誕生物語を番外編として掲載しています。
毎年5月頃からキセキレイの様子を「 現在の農園の様子 Facebook 」 でご覧いただけます。
 
 




遅霜対策の燃焼 | ぶどう栽培

「番外編」葡萄畑のピーコちゃん


毎年、季来里ふぁーむ・すずきの葡萄畑には、おなかが黄色い「キセキレイ」がいつのまにか巣を作ります。
※2015年6月10日現在、親鳥は羽の一部に黄色いラインがあって、くちばしが肌色っぽいので「カワラヒワ」かもしれません。

キセキレイの巣は、のために、まわりは天然素材で中心は、どこから集めたのかふわふわの綿でできていました。

しあわせの黄色い小鳥の新しい命が誕生し思わずほっこり気分です。力強く生き抜いてほしいです。


人間も動物も鳥も、新しい生命のために一生懸命になる姿は共通するんだなあと感動しました。今年も季来里ふぁーむの葡萄畑が、あたらしい命の誕生にたずさわれるのかと思うと本当にうれしいです。

2015年6月29日 早朝にピーコちゃんのヒナの巣立ちが完了しました。実は・・・昨日6/28のこと。
恒例となった経験から、もうそろそろヒナたちが巣立つ時期。もしかして、もう巣立ってしまったかもしれないな・・・と昼休みに巣のある葡萄畑に行きました。
そ~っと巣に近づくと、今までは巣の中でしか見たことのなかったヒナたち2羽が、偶然にも巣の外に出ているではありませんか。ああ、いよいよかもしれない。
そんなタイミングに私はヒナたちと目が合ってしまい、ヒナたちはびっくりしてなんと飛び立ってしまったんです。
が!!!!!1羽、飛びきれず下に落ちてしまいました。
私はその出来ごとにあわててしまい、おびえるヒナをとにかく拾って巣に戻さなくてはと思い、ヒナを拾い上げました。
ヒナは、巣には入らず葡萄の枝にじっととまってかたまってしまいました。(写真2番目・3番目)
あたたかく見守るつもりが、最後の最後に私なんてことをしてしまったんだ・・・・
遠くから見守っていると、親鳥らしきピーコちゃんが巣の上で鳴いていました。(写真4番目)
葡萄作業も忙しく、そんな気持ちのまま畑を移動し作業を開始しましたがヒナのことで頭がいっぱい・・・
夕方6時すぎに見に行きましたが、同じ場所でじっとしたままでした。家に帰ってからも、ヒナはえさも食べられずおなかをすかせて死んでしまったらどうしよう・・・そのことで頭がいっぱいで、園主に話したところ、落ちてしまったヒナは親鳥が見ているから拾っちゃいけないと聞き、ますます大変なことをしてしまったと、ネットでいろいろ調べてみました。あまりマイナスな方向に考えない私も、もしかしたら飛び立てなくなってしまったかもしれない。。。野鳥を飼うことは違法だけれど、私が面倒をみなくてはなどとそんなことまで考えてしまいました。自分のおかしたことの重大さを考えれば考えるほどあまり眠ることができませんでした。
早朝。見に行くと、昨日よりやや離れたところにヒナはこっちを向いてじっとしていました。
ああ・・まだ飛べてないんだ・・・・落ち込みました。
ヒナが飛び立つまで、邪魔しないよう立ち入らないようにひもで囲ってもらうよう園主にお願いし、囲おうと近づいたところヒナの姿がありませんでした。
園主が、今、地面から木にあがった鳥がいた!と言っていました。また落ちてしまったかもしれないと思い、地面を探しましたがヒナの姿はありませんでした。
園主が見たのは、きっとあのヒナだったにちがいない。
涙が出ました。よかった。よかった。無事、巣立つことができて、本当によかった。心からほっとしました。
ピーコちゃんのヒナたち2羽、巣立ちおめでとう。そして、今まで私達の心のよりどころになってくれて本当にありがとう。
うれしいけど、急にさみしくなってしまいました。
5月30日に、1つの卵が巣に産み落とされました。毎日1個づつ産み落とされ合計4つの卵になり、1つめの卵は6月14日にヒナにかえりました。
次の日に2つ目のヒナが誕生。結局、3つめ、4つめの卵はかえりませんでした。その間、低温、雨、あの集中豪雨の中頑張ってくれました。
約1カ月、本当にあっというまでしたが、その成長をみることが何よりの楽しみでした。
今日の葡萄畑は、ピーコちゃんとそのヒナたちらしき姿をみることができさえずりもにぎやかでした。
ありがとう。
本当に、今までありがとう。また葡萄畑でまってるよ!
追伸:ピーコちゃんは、翼に黄色い帯が特徴の「カワラヒワ」でした。
  栽培の流れ一覧ページに戻る





下の画像をクリックすると、葡萄畑のピーコちゃん 産卵から巣立ち関連画像を大きな画像でご覧頂けます。

       
       
       




ぶどう産地直送のご案内ぶどう狩り 巨峰狩りのご案内 | Grape Picking Fruit Pickingぶどう直売所のご案内 | Tourist Farmぶどう加工品のご案内


ページ上部へ

                   
                   
HOME 季来里Info ぶどう栽培の流れ 交通アクセス お問い合わせ
特定商取引法に基づく表記 個人情報保護方針 著作権について ヘルプ リンク
過去のお知らせ 生坂村とは サイトマップ        
                   
                   
ぶどう産地直送のご案内 ぶどう狩り(巨峰)のご案内 ぶどう直売所のご案内      
                   
                   
ぶどう加工品のご案内                
巨峰ジュース 巨峰ジャム ナガノパープルジャム ピオーネジャム ルーベルマスカットジャム
                   
                   
栽培品種のご案内                
巨峰 ナイアガラ サニールージュ ハニービーナス アキクイーン (安芸クイーン)
シャインマスカット ピオーネ ナガノパープル ゴルビー シナノスマイル
ルーベルマスカット ナチュベアマリー ベニタマキ (紅環) クイーンニーナ サニードルチェ
                   
                   
Facebook Blog Twitter Youtube Google+
                   
                   




「季来里ふぁーむ・すずき」は、神奈川でサラリーマン生活を送っていた非農家の私たちが「農業を職業にしたい!」と今だかつて無いほど真剣に考え、

悩み、一大決心でたどりついた「自分らしく生きること」の答えです。

季来里(きらり)とは、そんな私たち夫婦が「四季を通して、ふと来てみたくなるふる里のような場所でありたい」という思いを込めて名づけた農園名です。



ページ上部へ
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
 
youtube きらりふぁーむすずき チャンネル


きらりふぁーむ
 
ページ上部へ


きらりふぁーむ・すずき 〒399-7202 長野県東筑摩郡生坂村北陸郷8501-117 TEL 090-2204-9858 FAX 0263-69-3939 農園マップ

Copyright (C) 2017 Kirari Farm Suzuki. All Rights Reserved.